音楽は心の支え

bootleg中心の覚書メモです

今週のThe Lost and Found Mike the MICrophone Tapes(1/10)はVol.67のTom Petty and the Heartbreakersです

最新の追加はVol.67のTom Petty and the Heartbreakersです。

 

f:id:oto-man:20210111141013p:plain

01 American Girl
02 Listen To Her Heart
03 A Thing About You
04 Here Comes My Girl
05 The Waiting
06 I Need To Know
07 Cry To Me (Solomon Burke cover)
08 Don't Do Me Like That
09 Even The Losers
10 Don't Bring Me Down (The Animals cover)
11 A Woman In Love (It's Not Me)
12 Insider (with Stevie Nicks)
13 Needles and Pins (The Searchers cover with Stevie Nicks)
14 King's Road
15 Breakdown
16 Refugee
17 Shout (Isley Brothers cover)


リスト

Vol.67 Tom Petty - 1981-06-30 - Inglewood, CA @ The Forum (CK1)
Vol.66 UK 1978-07-28 Santa Monica
Vol.65 A.R.M.S. Concert 1983-12-06 Forum - Inglewood (Millard 1st Gen via JEMS Volume 65)
Vol.64 Queen 1977-12-20 Long Beach (Millard Master via JEMS Volume 64)
Vol.63 Steve Winwood 1988-07-24 Costa Mesa (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.62 David Lindley 1989-08-13 Universal Amphitheater (Millard First Gen via JEMS Volume 62)

Vol.61 Paul McCartney and Wings 1976-06-23 Forum Inglewood (Millard Master via JEMS Volume 61) 1644
Vol.60 Who 1976-10-07 San Diego (Millard Master Via JEMS Volume 60)
Vol.59 Yes 1975-06-21 Hollywood Bowl (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.58 Peter Gabriel 1980-06-17 Santa Ana (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.57 Journey 1977-08-14 Long Beach (Millard Master via JEMS Volume 57)
Vol.56 Kansas 1977-12-31 Long Beach Arena (Millard Master via JEMS)
Vol.55 Ruby Starr and Grey Ghost 1975-09-07 Long Beach (Millard Master via JEMS Volume 55) 1644
Vol.54 Bruce Springsteen 1981-08-23 Sports Arena Los Angeles (Millard 1st Generation via JEMS)
Vol.53 Elton John 1974-10-05 Forum Inglewood (Millard Master via JEMS)
Vol.52 Bob Dylan 1989-09-08 Costa Mesa (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.51 Jethro Tull 1977-01-14 Pasadena (Millard Master via JEMS Vol 51)
Vol.50 Led Zeppelin 1977-06-21 Forum (Millard Master via JEMS) Mastered Dime Compliant
Vol.50 Led Zeppelin 1977-06-21 Forum (Millard Master via JEMS) Flat Transfer Dime Compliant
Vol.49 Cheap Trick 1977-12-31 Long Beach (Millard Master via JEMS)
Vol.48 Rod Stewart 1977-12-13 Forum Inglewood (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.47 Jimmy Page 1988-10-07 Inglewood (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.46 Kinks 1978-06-25 Los Angeles (Millard 2nd Gen via JEMS)
Vol.45 Neil Young 1989-08-18 Costa Mesa (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.44 Genesis 1980-05-25 Roxy - Hollywood (Millard Master via JEMS)
Vol.43 Paul McCartney 1989-11-29 Forum Inglewood (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.42 U2 1992-04-12 Sports Arena - Los Angeles (Millard Master via JEMS)
Vol.41 Return To Forever 1977-04-08 Santa Monica (Millard Master via JEMS)
Vol.40 Rolling Stones 1989-10-22 Coliseum Los Angeles (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.39 Yes 1974-03-18 Inglewood (Millard Master via JEMS - Goody)
Vol.38 Suzi Quatro 1975-06-17 Forum Inglewood (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.37 Led Zeppelin 1975-03-11 Long Beach (Millard Master via JEMS Volume 37)
Vol.37 Led Zeppelin 1975-03-11 Long Beach (Millard Master via JEMS Volume 37 Flat Transfer)
Vol.36 Black Sabbath 1975-09-07 Long Beach (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.35 Robert Plant 1990-08-09 San Diego Sports Arena (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.34 David Bowie 1983-08-14 Forum Inglewood (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.33 Eric Clapton 1975-08-14 Forum Inglewood (Millard Master via JEMS)
Vol.32 Dire Straits 1992-02-08 Forum Inglewood (Millard Master via JEMS)
Vol.31 David Bowie 1974-09-16 Anaheim (Millard Master via JEMS)
Vol.30 Jethro Tull 1975-02-09 Forum Inglewood (Millard Master via JEMS)
Vol.29 Stevie Nicks 1981-12-12 Los Angeles (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.28 Elton John 1975-09-29 San Diego (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.27 John Prine 1991-10-20 Irvine Meadows (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.26 Thin LIzzy 1978-08-16 Forum Los Angeles (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.25 Tom Petty 1990-03-03 Costa Mesa (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.24 The Who 1980-06-23 Sports Arena LA (Millard Master) 1644
Vol.23 Genesis 1976-05-01 Burbank (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.22 Yes 1977-09-26 Long Beach (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.21 Fleetwood Mac 1977-08-30 Inglewood (Millard Master via JEMS Volume 21)
Vol.20 LInda Ronstadt 1990-10-22 Costa Mesa (Millard Original Master via JEMS) 1644
Vol.19 Queen 1977-03-03 Forum LA (Millard Original Masters Lost And Found Volume 19)
Vol.18 Pink Floyd 1975-04-26 Los Angeles (Millard Original Master Lost And Found Volume 18) 1644
Vol.17 Rush 1981-06-12 Anaheim (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.16 David Bowie 1978-04-04 Los Angles Forum (Millard First Gen via JEMS)
Vol.15 Jackson Browne 1978-06-08 Long Beach (Lost And Found Mike The MICrophone Tapes Vol 15 via JEMS)
Vol.14 Peter Gabriel 1978 Roxy Mike Millard Compilation (JEMS)
Vol.13 Faces 1975-03-05 Forum LA (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.12 Jethro Tull 1977-01-16 Los Angeles (1st Gen Millard via JEMS Volume 12)
Vol.11 Linda Ronstadt 1977-10-03 Los Angeles (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.10 Eagles 1980-07-29 Civic Aud Santa Monica Millard Master 1st Gen via JEMS (Lost and Found Mike the MIC Vol 10) (16-bit) (FLAC)
Vol.09 Bruce Springsteen 1988-09-21 Los Angeles (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.08 Bruce Springsteen 1990-11-16 Christic Benefit (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.07 Bob Dylan 1979-11-19 Santa Monica (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.06 Bruce Springsteen 1980-11-01 Los Angeles (Millard 1st Gen via JEMS V6)
Vol.05 Bob Dylan 1979-11-18 Santa Monica (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.04 Bob Dylan 1978-06-07 LA (Uncirculated Millard 1st Gen Recording B via JEMS)
Vol.03 Bob Dylan 1978-06-07 LA (Millard Uncirculated 1st Gen via JEMS Volume 3)
Vol.02 Bob Dylan 1978-06-03 LA (Millard Uncirculated via JEMS Volume 2)
Vol.01 Bob Dylan 1978-06-01 LA (Uncirculated Millard 1st Gen via JEMS)

 

解説(Google翻訳そのまま)

 

 トムペティアンドザハートブレイカーズ、フォーラム、カリフォルニア州イングルウッド、1981年6月30日

こんにちは、TTD。 Lost and Foundシリーズは今週ここに独占的に移動し、HardPromisesツアーから素晴らしいTomPettyショーをリリースします。ジムが以下に記しているように、この時期はペティの人気の初期のピークを広く示し、南カリフォルニアではさらにそうだった。

ペティのセットは、紛れもなくキャッチーなシングル「The Waiting」が率いる当時のニューアルバムから大きく引き出されています。このシングルは、全国のAORステーションで大々的に放送されました。スティーヴィー・ニックスは、ハードプロミスの「インサイダー」にも出演し、ゲスト出演します。サーチャーズの「NeedlesandPins」として。このショーから1か月も経たないうちに、ペティはニックスのシングル「Stop Draggin'My Heart Around」に好意を返し、ポップヒットになりました。ペティはの共同プロデューサーも務めました。それが由来するアルバム、ニックスのソロキャリアを開始したベラドンナ

セットの残りの部分には、「Breakdown」や「Refugee」などのペティクラシックの長いバージョンに加えて、他のいくつかのよく知られたペティカバー、TheAnimalsの「Don'tBringMe Down」、IsleyBrothersの「Shout」が含まれています。公演。

ジムRが説明したように、彼とマイクはテーピングのスイートスポットの前に座っていたので、マイクのレコーディングはPAミックスよりもアンプとモニターのサウンドが多くなりました。 Lost and Foundシリーズをフォローしている人は、この現象が他のMillardキャプチャで発生したことをよく知っています。通常、ボーカルが低くなり、ギターやその他の楽器が非常に近くなります。

マスタリングでは、サウンドスケープのバランスを取り戻すために最善を尽くしました。この問題は、最近リリースされた同じ年に録音されたスプリングスティーンスポーツアリーナのショーほど顕著ではありませんが、最終的なペティオーディオの方が優れていると思いますが、違いはありません。提供されたサンプル。

ジムRがペティショーについて思い出したことは次のとおりです。

私はマイク・ミラードと一緒に、1981年6月30日にThe FabulousForumで開催されたTomPettyコンサートに行きました。私たちは両方とも機材を持ち込みました。音と写真。

チケットの半券にはセクションBの行4(4行目の中央)と書かれていますが、セクションBの最初の2行が削除されたため、実際には2行目の中央に座っていました。彼らはステージを延長するためにこれを行いました。 2列目は明らかにコンサートを見るのに最適な場所ですが、テーピングの目的には少し近すぎます。セキュリティは10フィート未満の距離です。うわぁ!!!バストされる確率は劇的に上がります。舞台照明はマイクのマイクヘッドに反射するので、頻繁にチェックして、マイクの帽子にしっかりと収まっていることを確認する必要がありました。

マイクが押し込まれていることに加えて、2列目に座っているということは、PAがほとんど頭上にあったことを意味します。これらすべてが、ペティのボーカルが薄くて中空の側に響くのに貢献しました。最初の2列に残っていれば、音はもっと良かったと思います。しかし、あなたは何ができますか?数日前にステージが設置されたことを知っていたので、セクションBに座っている友達にも2列上に移動していることを伝えることができました。

このツアーは、ペティがフォーラムで3泊することで、人気が急上昇しました。彼が1つだけプレーした前の年。特にセットリストとトムの観客へのコメントを考えると、全体的に楽しいコンサートでした。スティービーニックスが現れたのは追加のボーナスでした。

マイクと私と同じように、ショーと私の写真を楽しんでいただければ幸いです。