音楽は心の支え

bootleg中心の覚書メモです

今週のThe Lost and Found Mike the MICrophone Tapes(12/27)はVol.65のA.R.M.S. Concert 1983-12-06 Forum - Inglewoodです

最新の追加はVol.65のA.R.M.S. Concert 1983-12-06 Forum - Inglewoodです。

 

f:id:oto-man:20201227065020p:plain


ERIC CLAPTON
01 Everybody Oughta Make A Change
02 Lay Down Sally
03 Wonderful Tonight
04 Rita Mae
05 Sad Sad Day
06 Have You Ever Loved A Woman?
07 Ramblin' On My Mind
08 Cocaine

JOE COCKER
09 Don't Talk To Me
10 Watching The River Flow
11 Worried Life Blues
12 You Are So Beautiful
13 Seven Days
14 Feelin' Alright

JEFF BECK
15 Star Cycle
16 The Pump
17 Definitely Maybe
18 Blue Wind
19 People Get Ready
20 Going Down

JIMMY PAGE
21 Prelude
22 Who's To Blame
23 City Sirens
24 Boogie Mama
25 Midnight Moonlight
26 Stairway To Heaven

ALL-STAR FINALE
27 Layla
28 With A Little Help From My Friends
29 April Fool (Ronnie Lane)
30 Goodnight Irene (Ronnie Lane)


リスト

Vol.65 A.R.M.S. Concert 1983-12-06 Forum - Inglewood (Millard 1st Gen via JEMS Volume 65)
Vol.64 Queen 1977-12-20 Long Beach (Millard Master via JEMS Volume 64)
Vol.63 Steve Winwood 1988-07-24 Costa Mesa (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.62 David Lindley 1989-08-13 Universal Amphitheater (Millard First Gen via JEMS Volume 62)

Vol.61 Paul McCartney and Wings 1976-06-23 Forum Inglewood (Millard Master via JEMS Volume 61) 1644
Vol.60 Who 1976-10-07 San Diego (Millard Master Via JEMS Volume 60)
Vol.59 Yes 1975-06-21 Hollywood Bowl (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.58 Peter Gabriel 1980-06-17 Santa Ana (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.55 Ruby Starr and Grey Ghost 1975-09-07 Long Beach (Millard Master via JEMS Volume 55) 1644
Vol.54 Bruce Springsteen 1981-08-23 Sports Arena Los Angeles (Millard 1st Generation via JEMS)
Vol.53 Elton John 1974-10-05 Forum Inglewood (Millard Master via JEMS)
Vol.52 Bob Dylan 1989-09-08 Costa Mesa (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.51 Jethro Tull 1977-01-14 Pasadena (Millard Master via JEMS Vol 51)
Vol.50 Led Zeppelin 1977-06-21 Forum (Millard Master via JEMS) Mastered Dime Compliant
Vol.50 Led Zeppelin 1977-06-21 Forum (Millard Master via JEMS) Flat Transfer Dime Compliant
Vol.49 Cheap Trick 1977-12-31 Long Beach (Millard Master via JEMS)
Vol.48 Rod Stewart 1977-12-13 Forum Inglewood (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.47 Jimmy Page 1988-10-07 Inglewood (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.46 Kinks 1978-06-25 Los Angeles (Millard 2nd Gen via JEMS)
Vol.45 Neil Young 1989-08-18 Costa Mesa (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.44 Genesis 1980-05-25 Roxy - Hollywood (Millard Master via JEMS)
Vol.43 Paul McCartney 1989-11-29 Forum Inglewood (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.42 U2 1992-04-12 Sports Arena - Los Angeles (Millard Master via JEMS)
Vol.41 Return To Forever 1977-04-08 Santa Monica (Millard Master via JEMS)
Vol.40 Rolling Stones 1989-10-22 Coliseum Los Angeles (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.39 Yes 1974-03-18 Inglewood (Millard Master via JEMS - Goody)
Vol.38 Suzi Quatro 1975-06-17 Forum Inglewood (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.37 Led Zeppelin 1975-03-11 Long Beach (Millard Master via JEMS Volume 37)
Vol.37 Led Zeppelin 1975-03-11 Long Beach (Millard Master via JEMS Volume 37 Flat Transfer)
Vol.36 Black Sabbath 1975-09-07 Long Beach (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.35 Robert Plant 1990-08-09 San Diego Sports Arena (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.34 David Bowie 1983-08-14 Forum Inglewood (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.33 Eric Clapton 1975-08-14 Forum Inglewood (Millard Master via JEMS)
Vol.32 Dire Straits 1992-02-08 Forum Inglewood (Millard Master via JEMS)
Vol.31 David Bowie 1974-09-16 Anaheim (Millard Master via JEMS)
Vol.30 Jethro Tull 1975-02-09 Forum Inglewood (Millard Master via JEMS)
Vol.29 Stevie Nicks 1981-12-12 Los Angeles (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.28 Elton John 1975-09-29 San Diego (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.27 John Prine 1991-10-20 Irvine Meadows (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.26 Thin LIzzy 1978-08-16 Forum Los Angeles (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.25 Tom Petty 1990-03-03 Costa Mesa (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.24 The Who 1980-06-23 Sports Arena LA (Millard Master) 1644
Vol.23 Genesis 1976-05-01 Burbank (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.22 Yes 1977-09-26 Long Beach (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.21 Fleetwood Mac 1977-08-30 Inglewood (Millard Master via JEMS Volume 21)
Vol.20 LInda Ronstadt 1990-10-22 Costa Mesa (Millard Original Master via JEMS) 1644
Vol.19 Queen 1977-03-03 Forum LA (Millard Original Masters Lost And Found Volume 19)
Vol.18 Pink Floyd 1975-04-26 Los Angeles (Millard Original Master Lost And Found Volume 18) 1644
Vol.17 Rush 1981-06-12 Anaheim (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.16 David Bowie 1978-04-04 Los Angles Forum (Millard First Gen via JEMS)
Vol.15 Jackson Browne 1978-06-08 Long Beach (Lost And Found Mike The MICrophone Tapes Vol 15 via JEMS)
Vol.14 Peter Gabriel 1978 Roxy Mike Millard Compilation (JEMS)
Vol.13 Faces 1975-03-05 Forum LA (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.12 Jethro Tull 1977-01-16 Los Angeles (1st Gen Millard via JEMS Volume 12)
Vol.11 Linda Ronstadt 1977-10-03 Los Angeles (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.10 Eagles 1980-07-29 Civic Aud Santa Monica Millard Master 1st Gen via JEMS (Lost and Found Mike the MIC Vol 10) (16-bit) (FLAC)
Vol.09 Bruce Springsteen 1988-09-21 Los Angeles (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.08 Bruce Springsteen 1990-11-16 Christic Benefit (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.07 Bob Dylan 1979-11-19 Santa Monica (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.06 Bruce Springsteen 1980-11-01 Los Angeles (Millard 1st Gen via JEMS V6)
Vol.05 Bob Dylan 1979-11-18 Santa Monica (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.04 Bob Dylan 1978-06-07 LA (Uncirculated Millard 1st Gen Recording B via JEMS)
Vol.03 Bob Dylan 1978-06-07 LA (Millard Uncirculated 1st Gen via JEMS Volume 3)
Vol.02 Bob Dylan 1978-06-03 LA (Millard Uncirculated via JEMS Volume 2)
Vol.01 Bob Dylan 1978-06-01 LA (Uncirculated Millard 1st Gen via JEMS)

 

解説(Google翻訳そのまま)

A.R.M.Sコンサート、フォーラム、カリフォルニア州イングルウッド、1983年12月6日

全体的に恐ろしい年を締めくくりますが、伝説的なテーパーマイク「ザマイク」ミラードに関連する注目すべき年です。彼の素晴らしいマスターレコーディングのアーカイブからの別の特別リリースであるA.R.M.S. 1983年12月6日のフォーラムでのコンサート。

これらの特別ショーでは、ヤードバーズの3人の伝説的なギタリスト、ジミーページ、ジェフベック、エリッククラプトンに加えて、ジョーコッカーとオールスターのバックバンドが結集し、多発性硬化症の研究への取り組みに貢献しました。 Small Faces / FacesのベーシストであるRonnieLaneはMSに苦しみ、信じられないほどのラインナップをまとめるきっかけとなりました。最初の特典ギグはロンドンで行われ、その後、ダラス、サンフランシスコ、ロサンゼルス、ニューヨークにまたがる9つの米国の日程が続きました。

マイクとジムはLAで2泊目の夜に群衆の中にいました、そして私たちが私たちの巻でほのめかしたように。スティーブウィンウッド、A.R.M.S。の63リリースショーは、マイクがテーピングから引退した88年のウィンウッドまでの4年半の最後のレコーディングであることが証明されました。これは、私たちがまだ解決しようとしている特定の推進力です。

実際、マイクは1983年9月以来コンサートを録音していませんでした。詳細を裏付けることはまだできませんが、ロバートプラントのショーで事件が発生したことが示唆されています。これはミラードの絞首刑の一因となった可能性があります。彼のマイクを上げます。しかし、なぜ12月に再び録音するのでしょうか。それは私たちの側の純粋な推測ですが、A.R.M.S。のラインナップはショーは見逃せないほど特別だったかもしれないので、マイクは高音で出て、最後にもう一度リスクを冒すことを選びました。

ギターのヒーローを超えて、US A.R.M.S.ショーには、ジョー・コッカー、ポール・ロジャース、そしてストーンズビル・ワイマンチャーリー・ワッツ、アンディ・フェアウェザー・ロー、レイ・クーパー、ケニー・ジョーンズ、ヤン・ハマーサイモン・フィリップス、クリス・ステイントン、イアン・スチュワート、フェルナンド・サンダースを含むバッキングバンドが登場しました。

クラプトン、コッカー、ベック、ページは独自のミニセットを演奏し、クラプトンはおなじみのクラシックを演奏し、ベックは少し融合してミキシングし、ページはデスウィッシュIIサウンドトラックから描き、さらに彼のセットを閉じるインストルメンタルバージョンの「天国への階段」を演奏しました。ページのパフォーマンスにはポール・ロジャースも登場し、ポール・ロジャースと一緒にザ・ファームを結成しました。フィナーレはクラプトンとコッカーが主導し、レーンは「エイプリルフール」と「おやすみアイリーン」を引き継ぎました。

12月6日のショーは国内のA.R.M.S.の中で最も珍しいようです。収集の世界でのパフォーマンス。ショー全体の現存する録音は平凡であり、より高品質の部分バージョン(おそらくマイクの録音?)にはページセット+「レイラ」しかありません。

これはマイクの完全なレコーディングの最初のリリースであり、彼がテーピングとコンサートに行く友人のマイクのサークルの別の親友であるエドFのためにダビングした第1世代のカセットから転送されます。

マイクのキャプチャは優れており、クローズアップサウンドと幅広い忠実度を備えています。唯一の問題は彼のコントロールを超えていることです。それは、複数のドラマーとパーカッショニストを使用すると、時折忙しいミックスになることです。提供されたサンプル。

ジムRが12月6日のA.R.M.Sショーで思い出したものは次のとおりです。

A.R.M.Sに参加しました1983年12月6日のフォーラムでのマイクミラードとの慈善コンサート。
これは車椅子時代のかなり後のことでした。私たちの機器は、セキュリティスタッフに「ヒント」を介して密輸されました。

記憶があれば、私たちは床の5列目の中央に座った。チケットの半券が熱で損傷していて読み取りできないため、これを確認できません。ショーの後、たまたま熱によるダメージに気づきました。まだ床にいる間に、Logeのチケットの半券が地面に横たわっているのを見つけ、それを拾ってコレクションに含めました。

このコンサートは、マイクの数年にわたるテーピングからの引退の始まりを妨げましたが、オールスターのラインナップによる1回限りのショーとして、誘惑は大きすぎました。さあ、ページ、クラプトン、ベックは同じ法案で?少なくともそれをテープで留める必要がありました。そして、私たちは成功しました。

それぞれの主要なアーティストが順番を変えるのを見るのは楽しい夜でした。インストルメンタルの「Stairway」、続いて「Layla」は、入場料だけの価値がありました。

レコーディングを楽しんでいただければ幸いです。

BKが書いているように、マイクはこのショーの後、数年間テーピングをやめました。特定の事件についての憶測を超えて、マイクがやめるように影響を与えたかもしれないいくつかの要因を考えることができます。スカルパーのおかげで、チケットは非常に高価になり、フルタイムの仕事で年をとったので、私たちはチケットのためにキャンプすることができませんでした。そのため、小さな大学のA / V事務員としてのミラードの比較的控えめな収入は、彼が望む座席を購入することを困難にしました。また、チケットを購入し、マイクが会場で録音するのを助けるための金銭的手段を持ったテーピング仲間がいないことも別の要因です。マイクの引退中、1985年の終わりごろ、健康上の理由でコンサートに行くのをやめたので、マイクはテーピングバディとして私を失いました。

また、ナカミチ550は故障が多く、高価な修理が頻繁に必要でした。 マイクが逮捕されたという点では、特定のイベントを思い出せませんが、マイクがロサンゼルス地域のほとんどの会場で雇われた警備会社によってテーパーとしてかなりよく知られていることは間違いありません。 1983年後半、マイク・ザ・マイクは著名人でした。

 

f:id:oto-man:20201227065105p:plain

f:id:oto-man:20201227065141p:plain

f:id:oto-man:20201227065215p:plain