音楽は心の支え

bootleg中心の覚書メモです

今週のThe Lost and Found Mike the MICrophone Tapes(12/20)はVol.64のQueen 1977-12-20 Long Beachです

最新の追加はVol.64のQueen 1977-12-20 Long Beachです。

 

f:id:oto-man:20201220064629p:plain



01 We Will Rock You intro
02 Brighton Rock
03 Somebody To Love
04 Death On Two Legs
05 Killer Queen
06 Good Old Fashioned Lover Boy
07 I'm In Love With My Car
08 Get Down Make Love
09 The Millionaire Waltz
10 You're My Best Friend
11 Liar
12 Love Of My Life
13 '39
14 My Melancholy Blues
15 White Man
16 The Prophet's Song
17 Guitar Solo
18 The Prophet's Song (reprise)
19 Now I'm Here
20 Stone Cold Crazy
21 Bohemian Rhapsody
22 Keep Yourself Alive
23 Tie Your Mother Down
24 We Will Rock You*
25 We Are The Champions
26 Sheer Heart Attack
27 Jailhouse Rock
28 God Save The Queen


リスト

Vol.64 Queen 1977-12-20 Long Beach (Millard Master via JEMS Volume 64)
Vol.63 Steve Winwood 1988-07-24 Costa Mesa (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.62 David Lindley 1989-08-13 Universal Amphitheater (Millard First Gen via JEMS Volume 62)

Vol.61 Paul McCartney and Wings 1976-06-23 Forum Inglewood (Millard Master via JEMS Volume 61) 1644
Vol.60 Who 1976-10-07 San Diego (Millard Master Via JEMS Volume 60)
Vol.59 Yes 1975-06-21 Hollywood Bowl (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.58 Peter Gabriel 1980-06-17 Santa Ana (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.55 Ruby Starr and Grey Ghost 1975-09-07 Long Beach (Millard Master via JEMS Volume 55) 1644
Vol.54 Bruce Springsteen 1981-08-23 Sports Arena Los Angeles (Millard 1st Generation via JEMS)
Vol.53 Elton John 1974-10-05 Forum Inglewood (Millard Master via JEMS)
Vol.52 Bob Dylan 1989-09-08 Costa Mesa (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.51 Jethro Tull 1977-01-14 Pasadena (Millard Master via JEMS Vol 51)
Vol.50 Led Zeppelin 1977-06-21 Forum (Millard Master via JEMS) Mastered Dime Compliant
Vol.50 Led Zeppelin 1977-06-21 Forum (Millard Master via JEMS) Flat Transfer Dime Compliant
Vol.49 Cheap Trick 1977-12-31 Long Beach (Millard Master via JEMS)
Vol.48 Rod Stewart 1977-12-13 Forum Inglewood (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.47 Jimmy Page 1988-10-07 Inglewood (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.46 Kinks 1978-06-25 Los Angeles (Millard 2nd Gen via JEMS)
Vol.45 Neil Young 1989-08-18 Costa Mesa (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.44 Genesis 1980-05-25 Roxy - Hollywood (Millard Master via JEMS)
Vol.43 Paul McCartney 1989-11-29 Forum Inglewood (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.42 U2 1992-04-12 Sports Arena - Los Angeles (Millard Master via JEMS)
Vol.41 Return To Forever 1977-04-08 Santa Monica (Millard Master via JEMS)
Vol.40 Rolling Stones 1989-10-22 Coliseum Los Angeles (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.39 Yes 1974-03-18 Inglewood (Millard Master via JEMS - Goody)
Vol.38 Suzi Quatro 1975-06-17 Forum Inglewood (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.37 Led Zeppelin 1975-03-11 Long Beach (Millard Master via JEMS Volume 37)
Vol.37 Led Zeppelin 1975-03-11 Long Beach (Millard Master via JEMS Volume 37 Flat Transfer)
Vol.36 Black Sabbath 1975-09-07 Long Beach (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.35 Robert Plant 1990-08-09 San Diego Sports Arena (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.34 David Bowie 1983-08-14 Forum Inglewood (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.33 Eric Clapton 1975-08-14 Forum Inglewood (Millard Master via JEMS)
Vol.32 Dire Straits 1992-02-08 Forum Inglewood (Millard Master via JEMS)
Vol.31 David Bowie 1974-09-16 Anaheim (Millard Master via JEMS)
Vol.30 Jethro Tull 1975-02-09 Forum Inglewood (Millard Master via JEMS)
Vol.29 Stevie Nicks 1981-12-12 Los Angeles (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.28 Elton John 1975-09-29 San Diego (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.27 John Prine 1991-10-20 Irvine Meadows (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.26 Thin LIzzy 1978-08-16 Forum Los Angeles (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.25 Tom Petty 1990-03-03 Costa Mesa (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.24 The Who 1980-06-23 Sports Arena LA (Millard Master) 1644
Vol.23 Genesis 1976-05-01 Burbank (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.22 Yes 1977-09-26 Long Beach (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.21 Fleetwood Mac 1977-08-30 Inglewood (Millard Master via JEMS Volume 21)
Vol.20 LInda Ronstadt 1990-10-22 Costa Mesa (Millard Original Master via JEMS) 1644
Vol.19 Queen 1977-03-03 Forum LA (Millard Original Masters Lost And Found Volume 19)
Vol.18 Pink Floyd 1975-04-26 Los Angeles (Millard Original Master Lost And Found Volume 18) 1644
Vol.17 Rush 1981-06-12 Anaheim (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.16 David Bowie 1978-04-04 Los Angles Forum (Millard First Gen via JEMS)
Vol.15 Jackson Browne 1978-06-08 Long Beach (Lost And Found Mike The MICrophone Tapes Vol 15 via JEMS)
Vol.14 Peter Gabriel 1978 Roxy Mike Millard Compilation (JEMS)
Vol.13 Faces 1975-03-05 Forum LA (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.12 Jethro Tull 1977-01-16 Los Angeles (1st Gen Millard via JEMS Volume 12)
Vol.11 Linda Ronstadt 1977-10-03 Los Angeles (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.10 Eagles 1980-07-29 Civic Aud Santa Monica Millard Master 1st Gen via JEMS (Lost and Found Mike the MIC Vol 10) (16-bit) (FLAC)
Vol.09 Bruce Springsteen 1988-09-21 Los Angeles (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.08 Bruce Springsteen 1990-11-16 Christic Benefit (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.07 Bob Dylan 1979-11-19 Santa Monica (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.06 Bruce Springsteen 1980-11-01 Los Angeles (Millard 1st Gen via JEMS V6)
Vol.05 Bob Dylan 1979-11-18 Santa Monica (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.04 Bob Dylan 1978-06-07 LA (Uncirculated Millard 1st Gen Recording B via JEMS)
Vol.03 Bob Dylan 1978-06-07 LA (Millard Uncirculated 1st Gen via JEMS Volume 3)
Vol.02 Bob Dylan 1978-06-03 LA (Millard Uncirculated via JEMS Volume 2)
Vol.01 Bob Dylan 1978-06-01 LA (Uncirculated Millard 1st Gen via JEMS)

 

解説(Google翻訳そのまま)

 クイーン、ロングビーチアリーナ、カリフォルニア州ロングビーチ、1977年12月20日すべての人にとって最も困難な年を締めくくるために、ミラードアーカイブからいくつかの非常に特別な録音を解放したかったのです。その最初のもの、1977年後半に南カリフォルニアに戻った女王の勝利は確かに法案に適合します。この12月のショーはミラードがバンドを録音した2回目だったので、彼とマイクの両方が3月に見た最初のコンサートにかなり夢中になっていると推測できます(そしてジムRは確認します)。私たちのシリーズの19。彼らのニューアルバムNewsof the Worldのリリースで、クイーンは3つの特別なSoCalホリデーショーのために町に戻ってきました。これは最初の夜です。もう一度、マイクは、明瞭さと親密さの点で彼の3月の録音に匹敵する優れたキャプチャを提供します。セットリストには、「We Will Rock You」、「We Are The Champions」、「Good Old Fashioned Lover Boy」、「I'm In Love With My Car」、「Get」など、そのショーからのいくつかの変更も含まれています。ダウン、メイク・ラブ」、「シアー・ハート・アタック」、その他数名。数年前から、JEMSはクイーンの大ファンでコレクターのRafと連絡を取り合っています。 Millardの最初のQueenレコーディングのリリース以来、Mikeの他のQueenマスターについてRafと話をしました。このショーがリリースされることに誰も興奮していなかったと言えば十分なので、ライナーノーツをペンで書くようにRafに依頼しました。ジムRはマイクと一緒にこれに参加しなかったので、代わりに、ラフがクイーン、ロングビーチアリーナ、1977年12月20日について言わなければならないことです:過去15年間、さまざまなクイーンツアーからかなりの数の本当に良い聴衆の録音が現れました、バンドがステージ上でライブでどれほど素晴らしく聞こえたか、そして彼らのサウンドガイが彼の仕事をどれほどうまくやったかをはっきりと示してくれます!しかし、インターネットに表示されなかったのは、ニュース・オブ・ザ・ワールドの米国ツアーの本当に素晴らしい視聴者の録音でした。このツアーは間違いなくクイーンの最高級であるため、クイーンのファンコミュニティは非常に残念です。実際のコンサートから(ほぼ)ちょうど43年後の2020年に、マイク・ミラードとJEMSの偉大な人々のおかげで、ようやくすべての人が楽しめる素晴らしいレコーディングができました。このショーを聞いていると、「私たちがマスターテーパーであることがどれほど幸運であるかを考えることができます。ミラードは、これほど素晴らしい夜にテープデッキを転がして現れました。」面白いことに、マイクが録音した3-3-77LAフォーラムの素晴らしいショーについても同じことが言えました。彼は確かに彼のショーを選ぶ方法を知っていました!このショーは、LAエリアでの3泊の最初の夜、ロングビーチでの2泊、そして12-22-77のフォーラムでの最後のショーです。後者は、バンドが初めて「ホワイトクリスマス」を演奏し、ステージ上や驚異的なパフォーマンスの周りであらゆる種類の祝祭が行われるおかげで伝説的です。悲しいことに、その夜の良い録音は利用できません。明らかに彼らのベルトの下でツアーの23のショーで、バンドはロングビーチで彼らの歩みによく入っています。彼らは、聴衆の誰もが他の誰もができること、そしてもっと良いことを何でもできるように説得することを意図して完全に焦点を合わせています。彼らは今ではスーパースターの座を打っていたとしても、これは彼らの栄光に頼っているバンドではありません。そのユニークで幻想的な声で華やかなフロントマンのために主にクイーンを知っているカジュアルな愛好家は、フレディ・マーキュリーがオフィスで素晴らしい夜を過ごしているのを聞いて喜ぶでしょう。そして多分彼はまだ口ひげを生やしていないということです。フレディは、「Love of My Life」、「My Melancholy Blues」、「Good Old Fashioned Loverboy」などの曲で柔らかく繊細に聞こえます。次の瞬間、彼は唸り声や(もっと)ザラザラした声を含めて激しく揺れています。 「うそつき」または「白人」。そして、彼は「StoneColdCrazy」や「SheerHeartAttack」のような曲で猛烈な勢いでいます。マーキュリーのボーカルの多様性を証明するのにこれ以上のツアーは他にありません。ありがたいことに、このオーディエンスのレコーディングで完璧に捉えられています。また、「We WillRockYou」と「WeAreTheChampions」の新鮮なサウンドも素晴らしいです。ニュース・オブ・ザ・ワールドのツアーなので、もちろんこれらの曲がライブで演奏されるのはこれが初めてです。バンドは彼らがスーパーヒットであり、彼らがそれらを演奏しなければならないという理由ではなく、彼らが望むのでそれらを演奏します。一部の熱心なクイーンファンが抱く唯一の批判は、セットリストが、優れたオーディオを備えたビデオが何年にもわたって流通している有名なヒューストンのショーと同じであるということです(「預言者の歌」ビットを除く)。 「It'sLate」と「SpreadYourWings」が今夜演奏されなかったのは本当に残念です。フレディの声帯の小結節を考えると、彼らはおそらく彼が声を出さずに3夜連続でそれを達成することを確認したかったのでしょう。この録音を聞いた後、あなたはすべて同意するでしょう:これが唯一のマイク・ミラードによって録音された彼らのプライムの伝説的なバンドの歴史的な文書であることに気付いたとき、このセットリストの批判は無視できます!