音楽は心の支え

bootleg中心の覚書メモです

今週のThe Lost and Found Mike the MICrophone Tapes(12/13)はVol.63のSteve Winwood 1988-07-24 Costa Mesaです

最新の追加はVol.63のSteve Winwood 1988-07-24 Costa Mesaです。

DIMEでは飛ばされていたVol.61はPaul McCartney and Wings 1976-06-23 Forum Inglewoodでした。

f:id:oto-man:20201213080431p:plain

01 Freedom Overspill
02 Take It As It Comes
03 Help Me Angel
04 Put On Your Dancing Shoes
05 Hearts On Fire
06 Don't You Know What The Night Can Do?
07 The Finer Things
08 The Low Spark of High Heeled Boys
09 Glad
10 I'm A Man
11 While You See A Chance
12 Split Decision
13 Roll With It
14 Valerie
15 Higher Love
16 Back In The High Life Again
17 Gimme Some Lovin'


リスト

Vol.62 David Lindley 1989-08-13 Universal Amphitheater (Millard First Gen via JEMS Volume 62)
Vol.61 Paul McCartney and Wings 1976-06-23 Forum Inglewood (Millard Master via JEMS Volume 61) 1644
Vol.60 Who 1976-10-07 San Diego (Millard Master Via JEMS Volume 60)
Vol.59 Yes 1975-06-21 Hollywood Bowl (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.58 Peter Gabriel 1980-06-17 Santa Ana (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.55 Ruby Starr and Grey Ghost 1975-09-07 Long Beach (Millard Master via JEMS Volume 55) 1644
Vol.54 Bruce Springsteen 1981-08-23 Sports Arena Los Angeles (Millard 1st Generation via JEMS)
Vol.53 Elton John 1974-10-05 Forum Inglewood (Millard Master via JEMS)
Vol.52 Bob Dylan 1989-09-08 Costa Mesa (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.51 Jethro Tull 1977-01-14 Pasadena (Millard Master via JEMS Vol 51)
Vol.50 Led Zeppelin 1977-06-21 Forum (Millard Master via JEMS) Mastered Dime Compliant
Vol.50 Led Zeppelin 1977-06-21 Forum (Millard Master via JEMS) Flat Transfer Dime Compliant
Vol.49 Cheap Trick 1977-12-31 Long Beach (Millard Master via JEMS)
Vol.48 Rod Stewart 1977-12-13 Forum Inglewood (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.47 Jimmy Page 1988-10-07 Inglewood (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.46 Kinks 1978-06-25 Los Angeles (Millard 2nd Gen via JEMS)
Vol.45 Neil Young 1989-08-18 Costa Mesa (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.44 Genesis 1980-05-25 Roxy - Hollywood (Millard Master via JEMS)
Vol.43 Paul McCartney 1989-11-29 Forum Inglewood (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.42 U2 1992-04-12 Sports Arena - Los Angeles (Millard Master via JEMS)
Vol.41 Return To Forever 1977-04-08 Santa Monica (Millard Master via JEMS)
Vol.40 Rolling Stones 1989-10-22 Coliseum Los Angeles (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.39 Yes 1974-03-18 Inglewood (Millard Master via JEMS - Goody)
Vol.38 Suzi Quatro 1975-06-17 Forum Inglewood (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.37 Led Zeppelin 1975-03-11 Long Beach (Millard Master via JEMS Volume 37)
Vol.37 Led Zeppelin 1975-03-11 Long Beach (Millard Master via JEMS Volume 37 Flat Transfer)
Vol.36 Black Sabbath 1975-09-07 Long Beach (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.35 Robert Plant 1990-08-09 San Diego Sports Arena (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.34 David Bowie 1983-08-14 Forum Inglewood (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.33 Eric Clapton 1975-08-14 Forum Inglewood (Millard Master via JEMS)
Vol.32 Dire Straits 1992-02-08 Forum Inglewood (Millard Master via JEMS)
Vol.31 David Bowie 1974-09-16 Anaheim (Millard Master via JEMS)
Vol.30 Jethro Tull 1975-02-09 Forum Inglewood (Millard Master via JEMS)
Vol.29 Stevie Nicks 1981-12-12 Los Angeles (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.28 Elton John 1975-09-29 San Diego (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.27 John Prine 1991-10-20 Irvine Meadows (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.26 Thin LIzzy 1978-08-16 Forum Los Angeles (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.25 Tom Petty 1990-03-03 Costa Mesa (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.24 The Who 1980-06-23 Sports Arena LA (Millard Master) 1644
Vol.23 Genesis 1976-05-01 Burbank (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.22 Yes 1977-09-26 Long Beach (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.21 Fleetwood Mac 1977-08-30 Inglewood (Millard Master via JEMS Volume 21)
Vol.20 LInda Ronstadt 1990-10-22 Costa Mesa (Millard Original Master via JEMS) 1644
Vol.19 Queen 1977-03-03 Forum LA (Millard Original Masters Lost And Found Volume 19)
Vol.18 Pink Floyd 1975-04-26 Los Angeles (Millard Original Master Lost And Found Volume 18) 1644
Vol.17 Rush 1981-06-12 Anaheim (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.16 David Bowie 1978-04-04 Los Angles Forum (Millard First Gen via JEMS)
Vol.15 Jackson Browne 1978-06-08 Long Beach (Lost And Found Mike The MICrophone Tapes Vol 15 via JEMS)
Vol.14 Peter Gabriel 1978 Roxy Mike Millard Compilation (JEMS)
Vol.13 Faces 1975-03-05 Forum LA (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.12 Jethro Tull 1977-01-16 Los Angeles (1st Gen Millard via JEMS Volume 12)
Vol.11 Linda Ronstadt 1977-10-03 Los Angeles (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.10 Eagles 1980-07-29 Civic Aud Santa Monica Millard Master 1st Gen via JEMS (Lost and Found Mike the MIC Vol 10) (16-bit) (FLAC)
Vol.09 Bruce Springsteen 1988-09-21 Los Angeles (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.08 Bruce Springsteen 1990-11-16 Christic Benefit (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.07 Bob Dylan 1979-11-19 Santa Monica (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.06 Bruce Springsteen 1980-11-01 Los Angeles (Millard 1st Gen via JEMS V6)
Vol.05 Bob Dylan 1979-11-18 Santa Monica (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.04 Bob Dylan 1978-06-07 LA (Uncirculated Millard 1st Gen Recording B via JEMS)
Vol.03 Bob Dylan 1978-06-07 LA (Millard Uncirculated 1st Gen via JEMS Volume 3)
Vol.02 Bob Dylan 1978-06-03 LA (Millard Uncirculated via JEMS Volume 2)
Vol.01 Bob Dylan 1978-06-01 LA (Uncirculated Millard 1st Gen via JEMS)

 

解説(Google翻訳そのまま)

 

ティーブウィンウッド、パシフィックアンフィシアター、カリフォルニア州コスタメサ、1988年7月24日ミラードのホームコートであるスティーブウィンウッドのロストアンドファウンドシリーズの初登場を含む、マイクマイクアーカイブからのより多くの贈り物がこのホリデーシーズンに到着します。 1988年7月24日、コスタメサの太平洋円形劇場。1983年後半に始まったテーピングからの自主的な休止の後、マイクが記録した最初の確認済みのショーであるため、この日付は重要です。私たちはまだこの詳細をつなぎ合わせようとしています。期間、しかしそれはマイクが83年の後半のショーで逮捕され、その時点で彼がマークされた男であると信じていたようです。彼がその年に録音した最後のコンサートは12月に行われたARMS特典コンサートでしたが、マイクを引き起こした事件を信じる証拠があるため、それは「見逃せない」1回限りのコンサートだった可能性があります数ヶ月前にロバートプラントのショーで電話を切ることがありました。とにかく、マイクは1983年以降テーピングを「引退」し、1984年1月から1988年7月のこのウィンウッドショーまでミラードの録音は確認されていません。しかし、他の人がマイクのギアを使って自分の間にショーを録音した可能性もあります。 -1988年3月5日のこのショーと同じ会場で1人の候補者がイエスであるという強制追放。マイクが復帰して実行されると、彼の多作な方法が戻ってきました。彼は1988年の残りの期間に9または10のショーをキャプチャしました。1989年に、彼は3つの会場で異なるアーティストを記録する5夜の連続を含む、少なくともさらに27のパフォーマンスを獲得しました。彼がウィンウッドコンサートのために太平洋の円形劇場に戻ったとき、マスターのゲームは何も失っていなかったと言えば十分です。テープは力強く始まり、揺れることはなく、優れたクローズアップサウンドと広いサウンドステージを備えています。提供されたサンプル。ウィンウッドは、1988年6月にこのショーの前月にリリースされたバック・イン・ザ・ハイ・ライフ(1986)とロール・ウィズ・イットの連続したスマッシュ・アルバムの力を高く評価していました。後者のタイトル・トラックは、Noで4週間過ごしました。 .Billboard Hot 100の1。この曲は、クレジットを書いていることからも明らかなように、ジュニアウォーカーの「(私はA)ロードランナー」と一見似ているだけではありません。コスタメサの停留所を超えて、ウィンウッドはユニバーサルアンフィシアターで4泊完売しました。本当にハイライフに戻った。彼のパフォーマンスは前述のソロアルバムに大きく依存していますが、ウィンウッドの過去のいくつかのトラフィッククラシック(「ハイヒールボーイズのロースパーク」と「グラッド」)や、スペンサーデイビスグループの前での時間にも浸っています。 「アイム・ア・マン」とショーの締めくくりの「ギミー・サム・ラヴィン」。これは素晴らしいパフォーマンスであり、主に独特の時代遅れのキーボードの音のために、その時間のほとんどを鳴らしています。