音楽は心の支え

bootleg中心の覚書メモです

今週のThe Lost and Found Mike the MICrophone Tapes(11/29)はVol.60の The Who 1976-10-07 のSan Diegoです

最新の追加はVol.60の The Who 1976-10-07 のSan Diegoです。

f:id:oto-man:20201129083740p:plain

リスト


Vol.60 Who 1976-10-07 San Diego (Millard Master Via JEMS Volume 60)
Vol.59 Yes 1975-06-21 Hollywood Bowl (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.58 Peter Gabriel 1980-06-17 Santa Ana (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.55 Ruby Starr and Grey Ghost 1975-09-07 Long Beach (Millard Master via JEMS Volume 55) 1644
Vol.54 Bruce Springsteen 1981-08-23 Sports Arena Los Angeles (Millard 1st Generation via JEMS)
Vol.53 Elton John 1974-10-05 Forum Inglewood (Millard Master via JEMS)
Vol.52 Bob Dylan 1989-09-08 Costa Mesa (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.51 Jethro Tull 1977-01-14 Pasadena (Millard Master via JEMS Vol 51)
Vol.50 Led Zeppelin 1977-06-21 Forum (Millard Master via JEMS) Mastered Dime Compliant
Vol.50 Led Zeppelin 1977-06-21 Forum (Millard Master via JEMS) Flat Transfer Dime Compliant
Vol.49 Cheap Trick 1977-12-31 Long Beach (Millard Master via JEMS)
Vol.48 Rod Stewart 1977-12-13 Forum Inglewood (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.47 Jimmy Page 1988-10-07 Inglewood (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.46 Kinks 1978-06-25 Los Angeles (Millard 2nd Gen via JEMS)
Vol.45 Neil Young 1989-08-18 Costa Mesa (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.44 Genesis 1980-05-25 Roxy - Hollywood (Millard Master via JEMS)
Vol.43 Paul McCartney 1989-11-29 Forum Inglewood (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.42 U2 1992-04-12 Sports Arena - Los Angeles (Millard Master via JEMS)
Vol.41 Return To Forever 1977-04-08 Santa Monica (Millard Master via JEMS)
Vol.40 Rolling Stones 1989-10-22 Coliseum Los Angeles (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.39 Yes 1974-03-18 Inglewood (Millard Master via JEMS - Goody)
Vol.38 Suzi Quatro 1975-06-17 Forum Inglewood (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.37 Led Zeppelin 1975-03-11 Long Beach (Millard Master via JEMS Volume 37)
Vol.37 Led Zeppelin 1975-03-11 Long Beach (Millard Master via JEMS Volume 37 Flat Transfer)
Vol.36 Black Sabbath 1975-09-07 Long Beach (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.35 Robert Plant 1990-08-09 San Diego Sports Arena (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.34 David Bowie 1983-08-14 Forum Inglewood (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.33 Eric Clapton 1975-08-14 Forum Inglewood (Millard Master via JEMS)
Vol.32 Dire Straits 1992-02-08 Forum Inglewood (Millard Master via JEMS)
Vol.31 David Bowie 1974-09-16 Anaheim (Millard Master via JEMS)
Vol.30 Jethro Tull 1975-02-09 Forum Inglewood (Millard Master via JEMS)
Vol.29 Stevie Nicks 1981-12-12 Los Angeles (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.28 Elton John 1975-09-29 San Diego (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.27 John Prine 1991-10-20 Irvine Meadows (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.26 Thin LIzzy 1978-08-16 Forum Los Angeles (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.25 Tom Petty 1990-03-03 Costa Mesa (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.24 The Who 1980-06-23 Sports Arena LA (Millard Master) 1644
Vol.23 Genesis 1976-05-01 Burbank (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.22 Yes 1977-09-26 Long Beach (Millard Master via JEMS) 1644
Vol.21 Fleetwood Mac 1977-08-30 Inglewood (Millard Master via JEMS Volume 21)
Vol.20 LInda Ronstadt 1990-10-22 Costa Mesa (Millard Original Master via JEMS) 1644
Vol.19 Queen 1977-03-03 Forum LA (Millard Original Masters Lost And Found Volume 19)
Vol.18 Pink Floyd 1975-04-26 Los Angeles (Millard Original Master Lost And Found Volume 18) 1644
Vol.17 Rush 1981-06-12 Anaheim (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.16 David Bowie 1978-04-04 Los Angles Forum (Millard First Gen via JEMS)
Vol.15 Jackson Browne 1978-06-08 Long Beach (Lost And Found Mike The MICrophone Tapes Vol 15 via JEMS)
Vol.14 Peter Gabriel 1978 Roxy Mike Millard Compilation (JEMS)
Vol.13 Faces 1975-03-05 Forum LA (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.12 Jethro Tull 1977-01-16 Los Angeles (1st Gen Millard via JEMS Volume 12)
Vol.11 Linda Ronstadt 1977-10-03 Los Angeles (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.10 Eagles 1980-07-29 Civic Aud Santa Monica Millard Master 1st Gen via JEMS (Lost and Found Mike the MIC Vol 10) (16-bit) (FLAC)
Vol.09 Bruce Springsteen 1988-09-21 Los Angeles (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.08 Bruce Springsteen 1990-11-16 Christic Benefit (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.07 Bob Dylan 1979-11-19 Santa Monica (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.06 Bruce Springsteen 1980-11-01 Los Angeles (Millard 1st Gen via JEMS V6)
Vol.05 Bob Dylan 1979-11-18 Santa Monica (Millard 1st Gen via JEMS)
Vol.04 Bob Dylan 1978-06-07 LA (Uncirculated Millard 1st Gen Recording B via JEMS)
Vol.03 Bob Dylan 1978-06-07 LA (Millard Uncirculated 1st Gen via JEMS Volume 3)
Vol.02 Bob Dylan 1978-06-03 LA (Millard Uncirculated via JEMS Volume 2)
Vol.01 Bob Dylan 1978-06-01 LA (Uncirculated Millard 1st Gen via JEMS)

 

解説(Google翻訳そのまま)

ザ・フー、スポーツアリーナ、カリフォルニア州サンディエゴ、1976年10月7日マイクミラードアーカイブからの今週のリリースは、4年前に亡くなった故JEMSの偉大なジャレッドハウザーの記憶を称えるために特別に選ばれました。あなたが決して知らない本当の友達。ザ・フーはジャレドのお気に入りのバンドであり、彼は100回以上テープを録音し、ライブレコーディングへの情熱を持って、エド・ハネルの著書「ザ・フー」に記載されているメールアドレスである「ザ・フー・テープ・インフォメーション・センター」を設立しました。図解されたディスコグラフィー。その本は、80年代初頭に高校生で、海賊版に真剣に取り組んだときにタワーレコードから購入しました。 Who Tape Information CenterのリストとJaredの名前は、私がよく考えたものでした。彼は何を知っていましたか、そして彼はどんな録音をしましたか? Jaredはまた、優れたWho fanzine Who's Newsの背後にいる(Marc Cohenと共に)プリンシパルの1人であり、彼はそれらのページでバンドのライブショーについて広範囲に書いています。彼はピート・タウンゼントとも個人的な関係を持っており、何度か会っただけでなく、70年代から80年代初頭に手紙で彼と連絡を取りました。 70年代にロンドンを訪れたときに撮影したJaredとPeteのすばらしい写真を掲載しました。いつかこの話のもっと長いバージョンがありますが、奇跡的に、ハネルの本を手に入れてから1年も経たないうちに、町の他のクールなレコード店で働いていた女性(JEMSノートではAMorgとして知られています)と友達になりました。 AMorgは、1979年にマディソンスクエアガーデンで開催されたWhoショーで彼に会ったJaredと親しい友人でした。私は1984年にJaredに直接会い、4年後に彼はJEMSが生まれた私の町に引っ越しました。残りは、Jaredがこの10年の初めに癌と診断されるまでの歴史です。彼は2016年に亡くなる前に、長く懸命に戦いました。ミラードへの最初のJEMS接続は、今年初めに亡くなったもう1人の亡くなった偉大なメンバーであるStanGutoskiを介して行われることを以前に書きました。スタンとマイクは80年代にテープを交換し、少なくとも2回会いました。ジャレッドはミラードに会ったことはありませんでしたが、マイクの仕事と方法をよく知っていて、大いに賞賛していました。 1988年の2回のスプリングスティーンのショーで、私たちはミラードのプレイブックを採用し、車椅子を借りてジャレッドと隠されたビデオレコーダーを会場に押し込み、彼が比較的障害のないセクションから撮影できるようにしました。私が最初の夜にジャレドをショーに押し込んでいたとき、私たちはミラードの有名な車椅子の使用法と、私たちが同じことをしていることがどれほど面白かったかについて話しました。 The WhoはMillardのお気に入りのバンドの1つでもあり、1973年(彼の最初のレコーディング)から1989年のTommyツアーまで、何度かテープを録音しました。その一連の作品には、サンディエゴでのバンドのパフォーマンスのこの録音が含まれています。これは、キース・ムーンの最後となる1976年ツアーの9回のショーの最終レグの2番目のストップです。 1976年のセットリストは、トミー映画の成功のおかげでトミーの素材に重きを置いていました。バンドの現在のアルバム、ザ・フーからのいくつかの最大のヒット曲といくつかの曲(「スクイーズボックス」と「ドリーミングフロムザウエスト」)で締めくくられました。ザ・フー・バイ・ナンバーズ。結果は、予測可能であれば満足のいくショーであり、それはサンディエゴのパフォーマンスの良い説明です。キース・ムーンと一緒にショーをする人には事実上すべてのメリットがあり、バンドはセット内をかなり速く移動しましたが、曲自体のバージョンは全体を通して強力です。ミラードはショーに遅れて到着し、最初の2曲(「I Ca n't Explain」と「Substitute」)に加えて、Entwistleのショーケースのトップである「MyWife」を見逃しました。運が良ければ、サンディエゴのショーの別のマスターテープが最近TTDに登場し、パフォーマンスを完了するために2つの欠落した曲と3番目のパッチが含まれています。マイク自身が彼のWho'76レコーディングを「Poor」と評価しました。同様のグレードが与えられた他のテープと同様に、その理由は彼がステージ(行B)に近すぎて、Whoの非常に大きなPAを拾っていなかったためです。その結果、Entwistleのベースアンプを多く使用するアンバランスなサウンドになります。